スーツの人達

保育園経営において必要なコト|ここだけは覚えておこう

開業前のポイント

従業員

カフェを開業させる際は、「どのようなコンセプトのカフェを作るか」という部分を強く考えなければなりません。「こういう感じにカフェを作りたい」という昔からの夢やイメージがあるのであれば、それをより具体的に固めていきましょう。もしそのようなイメージが無いのであれば、今どのようなカフェが人気なのか、そしてそのようなカフェはどのようなメニューを用意してどのような音楽を流しているのかなど、これらを事前に考えておく必要があります。その辺りを固めておけば、自分の中の理想のカフェの形が出来上がってくるでしょう。

カフェを開業させるには、それに応じた資格を取得しなければなりません。カフェは当然食品を取り扱う職種なので、「食品衛生責任者資格」という資格が必要となります。飲食店は、1店舗に1人この資格を所持している人がいればよいという決まりになっています。ただこの資格、実は「栄養士」「調理師」「製菓衛生師」などの資格を持っていれば取得しなくても良いという仕組みになっています。これらの資格のうち1つでも所持しているのであれば、焦って取得しに行く必要はありません。カフェの開業者はほとんどの人がこの食品衛生責任者資格を取得していますが、この資格はたった1日で取得できる資格なので、取るのに手間や時間はほとんど要しません。ただ開業までは必ず取得しておかなければならないので、ある程度余裕を持って講習に行くようにしましょう。